稲葉本家とは

稲葉本家稲葉本家

豪商 稲葉本家の歴史と生業

稲葉本家は、織田信長家臣、美濃の稲葉一族の末裔と言われ、この久美浜の地にて糀製造で得た富を背景に廻船業を営み、沿岸交易によって巨富を得、付近諸藩の金融を独占するほどの豪商でした。

番頭母屋は、衆議院議員も務めた12代目の市郎右衛門英裕が明治18年から5年の歳月をかけ建設し、13代目の稲葉市郎右衛門は、多額の私財を投じて旧国鉄宮津線の久美浜-豊岡間を開通させたことで有名です。

ぼたもち吟松舎では、ばらずし定食やぼたもちなどが有料で味わえ、陶芸やお香づくりの体験(有料、要予約)ができる工房「匠処」や特産品販売所もあり賑わいを見せます。

豪商 稲葉本家がよみがえる